Home > クリーニング > 【バイクフレームのサンドブラスト】塗装剥離・錆び取り・防錆

【バイクフレームのサンドブラスト】塗装剥離・錆び取り・防錆

フレームブラスト

大型バイクのフレームでも丸ごとサンドブラストを行うことが可能です。
さらに塗装の剥離→ブラスト処理(錆取り)→防錆処理まで一括で行えます。
また、当店でウレタン塗装、パウダーコート、メッキも承っております。
業者様から一般の方まで一番ご利用の多いのがこのフレームのサンドブラスト処理です。

■塗装の剥離

  • 塗装といっても種類は様々です。また、塗装をした作業者、使用方法、年月によって状態はさらに様々です。各種塗装と状態に応じて作業を行います。そのため、実際に作業してみないとわからない部分も多くあり、当初のお見積りと金額が変わってしまう一番の工程でもあります。もし、お見積りより金額が上がってしまうような場合は事前にご連絡し、相談の上で作業を進めさせて頂きます。
    また、当店ではパウダーコートの剥離も受け付けております。パウダーコートは塗膜が丈夫な次世代の塗料ですが反面、剥離となるとその丈夫さが仇となりとても大変なのですが専用の剥離剤とブラストを併用することでパウダーコートの剥離も可能となりました。

■サンドブラスト

  • 研磨剤の種類は不純物の少ない、99%以上が純粋なアルミナで構成されたホワイトアルミナを使用します。また、粒度も仕上げに行う塗装への影響を考えた上で効率も良い番手を選びサンドブラスト加工を行います。

■防錆処理

    • フレーム等の鉄製品はサンドブラストを行うと表面を守っていた酸化被膜が除去され、細かい凹凸が形成されることで湿気を良く捉えてしまう事から大変錆びやすくなってしまいます。夏場であれば一切素手で触れていなくても数時間で茶色くなってしまうほどです。この点が鉄製品の最大の注意点であり、課題でもあったのですが、当店ではリン酸塩化成処理という防錆処理を行いこの問題点を克服いたしました。こちらの処理を行う事でお客様が塗装されるまでの間、錆びの発生を抑制します。油分等による防錆ではないため、そのまま塗装を行う事が可能です。ただし、防錆力がそこまで強い訳ではありませんのでそのままの使用は避け、できるだけ早く塗装などの防錆処置を行って下さい。ウレタン塗装、パウダーコート等各種塗装が可能です。現在、鉄製品については特にご指定が無い限りこちらの処理を無料にて行っております。
      *防錆を100%保証するものではありません

■梱包
IMGP0726

  • 上記のリン酸塩化成処理を行ったとしても100%錆びの発生を防止できるわけではありません。そこで当店では防錆処理後も一切素手で触れない状態でラップで包み、外気から遮断した状態でお渡しいたします。
    以前、真夏の30℃を超える日が続く中、お客様のご都合が合わずに2週間程の間梱包状態でお預かりしていましたが防錆処理と梱包のおかげで錆びの発生を抑えることができました。
    *防錆を100%保証するものではありません

上記の理由から業者様から一般のお客様までリピート率の多いフレームのサンドブラスト処理です。フレームの塗り替えをお考えの方は是非、一度ご相談下さい。参考金額についてはこちら。

ウレタン塗装・パウダーコート・メッキ

■ウレタン塗装仕上げ

  • 当店でサンドブラストを行った後、そのまま塗装屋さんで塗装を行う事も可能です。当店のお付き合いのある塗装屋さんはドイツ製の高級塗料を使用しており高級車の塗装等を得意としているため下地の処理も丁寧で綺麗な仕上がりが好評です。

■パウダーコート仕上げ

  • パウダーコートとは従来の塗装よりも耐候性に優れ、柔軟性があり密着性が高い為、ねじれや振動、風雨にさらされるフレームに最適な塗装です。当店のお客様としてもお世話になっている㈲カドワキコーティングにてパウダーコートを行います。きちんとした下地作りと均一な塗膜で各方面から絶大な信頼を受けている会社です。状態によっては当店から一括で行う事でお安くなる場合もございます。

■メッキ仕上げ

  • メッキも当店で対応可能です。通常よりも厚い6層のメッキで綺麗な仕上がりと耐久性を実現いたします。メッキは下地作りが最も重要でこだわればこだわるほど価格も品質も上がっていく処理です。お客様のご希望に沿ってお見積りいたします。
ブラストの種類
twitter
最新ニュース